男性

自販機を設置するならメーカーに相談してみよう

時代と共にシステムが違う

自動販売機

与えられる相互的なメリットについて

1888年にタバコの自販機が登場して以来、お酒や日用品、食品に至るまで様々な種類が販売されていますが、なかでも日常的に目にするのが飲料水の自販機です。当初は自分で販売機を購入して入れ替えや清掃、空き缶回収などの作業工程を全てやっていましたが、近年では設置場所と電気配線の設備を提供するだけで販売手数が貰えて面倒な作業はメーカーにお任せというシステムが一般的です。更にこのシステムが始まった当時は自販機周りの掃除や空き缶回収の負担がありましたが、徐々に解消されて今では配線の設備の代金も負担してくれる所もありますのでこれからは条件面で徐々に有利になり、設置場所が増える事でメーカー側にも大きなメリットがあると考えられます。

自動販売機を取り扱ううえでの注意する内容

自販機を設置する際の条件としては空きスペースと電気配線設備の提供がありますが、その他には電気配線設備の工事費と自動販売機の電気代の負担が考えられます。しかし、これらの負担も販売手数で補えられますし、メーカーとの契約内容によってはどちらもメーカー負担の場合がありますので詳しい内容を確認してみて下さい。誰でも簡単に自販機の設置が出来るのは飲料水などの特別な許可が必要でないものに限りますので、全ての商品に適応するわけではありません。販売手数も季節や設置場所により事前に提示された金額と異なる場合がありますので、設置前にメーカー側と十分納得のいくまで話し合いをする必要がありますので注意して下さい。

小さなスペースでも

缶

自販機を設置するにはたくさんのスペースが必要なのではないかとイメージしがちですが、実はそうではありません。小さなスペースでも設置することが可能なので、一度メーカーに問い合わせてみましょう。

詳細へ

購入と契約

黄色い自販機

自動販売機を購入して設置するのか、メーカー側と契約を結んで設置するのかによって初期費用や管理方法が異なります。その点を比較してから、どちらの方法を選ぶか判断しましょう。

詳細へ

設置に関する疑問

ペットボトル

自動販売機の設置に関する様々な情報を紹介しているサイトを参考にして、事前にリサーチしておくことで疑問などをなくすことが可能になります。そのようなサイトでは無料で相談に応じてくれます。

詳細へ

Copyright© 2016 自販機を設置するならメーカーに相談してみよう All Rights Reserved.